知る・楽しむわんちゃんとの生活で役立つ わんコマまんが

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

わんちゃんと紫外線 わんちゃんと紫外線

わんちゃんの紫外線対策、考えたことあります?

暑いだけでなく、紫外線も最強なのが夏。
女性は特にUV対策に力を入れる季節ではないでしょうか。
小麦色に焼けた肌が健康的というのは、ひと昔前のお話し。
現在は紫外線量も増えているため、肌を守る目的で男性もUV対策をするようになりましたね。
さて、わんちゃんの暑さ対策に力を入れるオーナーさんは多いのですが、
わんちゃんの紫外線対策について考えたことがあるでしょうか。
わんちゃんの体は毛で覆われているために、油断していませんか?
目や口の周り、鼻などは紫外線から守ってくれる毛がありません。
さらに、地面からの照り返しを受けやすいお腹の部分は毛が薄かったり、毛がない部分がありますよね。
わんちゃんの表皮が私たちよりずっと薄いことはご存知ですか?
つまりその分、外からの刺激にはとても弱いのです。
そのため、わんちゃんも私たちと同じように日焼けを起こします。
赤くなり炎症を起こしたり、皮がむけたりするのです。
強い紫外線を長時間浴び続けることで皮膚ガンのリスクも上がります。
特に、短毛の子、シングルコートの子、薄い毛色の子は紫外線の影響を受けやすいとされています。
夏の強い直射日光は目にも良くありません。
紫外線の強い時期の日中、日なたでの散歩や遊びは極力控えるべきです。
では日光をシャットアウトすれば安心かといえば、答えはノー。
適度に紫外線を浴びることで、わんちゃんの体内でビタミンDが作られます。
ビタミンDはカルシウムの吸収を良くするため、骨を丈夫にする効果があります。
また、ホルモンの分泌を促し、気持ちを落ち着かせたり、深い眠りを誘ったりと、メンタルにも良い影響を与えます。
夏であれば、朝の散歩の弱い紫外線でじゅうぶんです。かんかん照りの場所を歩く必要もありません。
このように、紫外線には良い面と悪い面があります。
過ぎてしまえば害となることも、適度ならわんちゃんの味方なんですね。

バックナンバー
過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!! 過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!!