知る・楽しむわんちゃんとの生活で役立つ わんコマまんが

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

トイレはちょっと離してね トイレはちょっと離してね

トイレトレーニングは初日から始めましょう。

初めてお家にわんちゃんを迎えた時、最初にぶつかる問題がトイレのしつけ。
当然ですが、トイレは教えなければ覚えません。
他のしつけは環境に慣れてから始めるのですが、トイレトレーニングだけは、
わんちゃんを迎えた日から始めましょう。
室内ではトイレトレーにトイレシーツをセットしたわんちゃんのトイレを用意するのが一般的です。
トイレシーツを噛んで破いてしまう子はトレーに網のついたものを使いましょう。
破いたシーツを飲み込んでしまうのは危険です。
最初はとにかく目を離さないこと。排泄するそぶりを見せたらトイレに
連れて行きます。
トイレでできたら大げさに褒めましょう。
失敗のときは叱らず黙って片付け。根気よくトイレシーツですることを
習慣づけることです。
一ヶ月たってもなかなか覚えないなぁと苦労している場合、トイレの場所に問題があるということもあります。
違う記事でも書きましたが、わんちゃんは実はキレイ好きです。
わんちゃんがご飯を食べる場所や、くつろぐベッドのすぐ横にトイレがありませんか?
想像してみましょう。
私たちの、食卓の隣やソファーに密接して、トイレの便器があったらどう感じますか?
病気などの特別な理由がない限り、それは遠慮したい環境ですね。
トイレと食事やベッドの場所は少し離して設置しましょう。
それでトイレトレーニングが解決することもありますよ。
毎日のお散歩の時間に排泄を済ませるというわんちゃんもいますが、
それでも室内でのトイレトレーニングは必要です。
家にいる間は排泄してはいけないと思い込み、我慢してしまうからです。
悪天候の時、わんちゃんの病中病後など、いつでも外に行けるとは限りません。
室内でもトイレを済ませることができれば、排泄を我慢しなくて済むので、ストレスもありません。
ご飯の時間などは多少前後しても問題はありませんが、排泄と水分補給は何よりも
我慢させてはいけない部分です。
わんちゃんの命と健康を守るものだからですね。

バックナンバー
過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!! 過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!!