知る・楽しむわんちゃんとの生活で役立つ わんコマまんが

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

お肌のトラブル お肌のトラブル

常在菌は悪さをしませんが、増えると…

わんちゃんの皮膚のトラブルに悩むオーナーさんは多いようです。
一口に皮膚のトラブルと言っても原因はさまざまですが、今回は皮膚感染症の代表的なものについてのお話です。
アカラス症はニキビダニの増殖によって起こります。
赤み、フケ、脱毛、色素沈着などが目の周りや足先に多く現れ、症状が進むと
痒みもひどくなります。
人の顔にもニキビダニがいると、話題になったことがありますね。
でもわんちゃんのニキビダニと人ニキビダニは種類が違うため、わんちゃんから人に、このダニがうつることはないそうです。
マラセチア皮膚炎の原因は酵母様真菌、一種のカビです。
カビと言ってもびっくりしないで。
常在菌という健康なわんちゃんの皮膚にも存在している菌で、普段は
悪さをしませんが、増殖してしまうと皮膚炎になります。
皮膚のほか、外耳に起こることも多いです。
特徴的な独特のにおいを発し、痒みも強いので辛そうです。
赤み、フケ、脱毛などのほか、皮膚が厚く・硬くなったりします。
膿皮症も常在菌である、ブドウ球菌の異常繁殖によるものです。
これは皮膚病の中で、最も良くある症状と言われています。
目の周り、脇や股などに多く、赤み、フケ、脱毛、発疹、痒みも強くなりますので、
掻き壊してしまうことも。
清潔にしているのに!と思われるかもしれませんが
どれも、もともと多くのわんちゃんの皮膚に存在しているものです。
健康なわんちゃんなら何の問題もないはずなのですが、免疫力が下がっていたりする場合、これら原因のものが増えて悪さをするのです。
皮膚の治療は長期にわたることが多く、投薬や、薬用のシャンプー、薬浴などで気長に治していくしかありません。
皮膚疾患は高温多湿が良くないとされていますので、これからの時期は
特に要注意ですね。
皮膚の免疫が下がっているということはアレルギーや内臓疾患、がんなどが
原因ということも考えられます。
獣医師に相談して、適切な検査・治療をしてもらいましょう。

バックナンバー
過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!! 過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!!