知る・楽しむわんちゃんとの生活で役立つ わんコマまんが

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

これ、叱っちゃいけないの? これ、叱っちゃいけないの?

トイレのしつけは最初にして最大の難関。

オーナーさんにとって、好ましくないわんちゃんの行動ってありますよね。
ものを壊す、人の食事に手を出す、むやみに吠え続ける、などがその代表格。
でも、叱ってはいけないことというのもあるんですよ。
まず、トイレのしつけは最初にして最大の難関。
フローリングやカーペットにおしっこされて、片付けに大騒ぎ。
でもこれ、決して叱っちゃいけないんですよ。
わんちゃんは、おしっこしたこと自体を叱られていると思ってしまうからです。
オーナーさんの顔色を伺い、トイレを我慢したり、隠れてするようになってしまうこともあります。
正解は、黙ってすぐに片付ける。
トイレでできたときだけ、大げさに褒めましょう。これ基本ですね。
また、下痢など自分で排泄のコントロールができない時、病気や高齢のわんちゃんの
トイレの失敗も、絶対に叱らないでくださいね。
さらに、トイレが汚れているとデリケートな子は嫌がります。
この場合も、黙々と片付けをするだけです。ただ、トイレ以外の場所でしてしまったら完璧に拭き取って匂いを残さないようにしましょうね。
それから、ワンちゃん同士が遊んでいる時の行動です。
その激しい遊びかたを見て、ケンカではないかとびっくりされる
オーナーさんがいます。
特に大型犬同士の遊びはなかなかダイナミックですからね。
愛犬家の間では、「わんプロ(わんちゃんのプロレス(ごっこ))」と
言われるアレです。
歯を見せていると不安になるかもしれませんが、お互いへの甘噛みはただの遊びです。
その証拠に噛み付いて離さないというようなことはありませんし、双方ともまったく
痛がっていません。
片方だけがしつこくするということはなく、どちらも耳を伏せたり尻尾を丸めたりしていなければ、叱るところではありません。
楽しんでいる最中のわんちゃんを叱るのは無粋というものですからね。
ただ、どちらかが明らかに興奮しすぎの時は速やかにやめさせましょう。
何でも区別なく叱っているようでは、信頼も尊敬も得られません。
叱らないケースもあるということを覚えておきましょう。

バックナンバー
過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!! 過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!!