知る・楽しむわんちゃんとの生活で役立つ わんコマまんが

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

子犬の日かな? 子犬の日かな?

子犬の日かな?

5月には子どもの日、端午の節句がありますね。
健やかな成長と健康を願う、という意味が込められています。
私たち愛犬家にとっては、子犬の日といったところでしょうか。
子犬のお世話が大変なのは、主に健康管理としつけですね。
大人のわんちゃんなら大事に至らないことも、体力や免疫力がまだ弱い子犬では
命に関わる場合もあるのです。
ちょっとした変化でも見逃さず、すぐに動物病院を受診しましょう。
母犬のお乳からもらった免疫は、60日程度で効果が無くなってしまうため、生後8週
ごろから順次3回のワクチン接種が推奨されています。
また生後91日を過ぎたわんちゃんには狂犬病予防接種が義務付けられていますが、
ワクチンとの同時接種は体に負担ですので、ワクチンとは間をあけるように
しましょう。
接種スケジュールやワクチンの種類など、動物病院で相談すれば安心です。
3回目のワクチンが終わって2~3週間後、ドキドキの初のお散歩が待っていますよ。
さて、いっぽう家の中では毎日が大騒ぎ。なにもかもが新鮮で楽しい。
ものを噛んだり壊したり、そうやって学習していきます。
これダメ、あれダメ!というばかりではなく、
危ないものや壊されたくないものは片付けておくという対策をした上で、
安全なおもちゃを与えたり、遊びの相手をしてあげるなどしてストレスをためない
ようにしてあげましょう。
生後3ヶ月程度までは難しいしつけは無理です。赤ちゃんですものね。
おそらく、トイレトレーニングが初めのしつけになるはずです。
とにかく目が離せない、油断できないのがこの時期ですが、
子犬育てに疲れたら、あなたの子供時代を思い出してみて。
あなたは、覚えが早く、聞き分けの良い、おとなしい子供でしたか?
そうです。人であるあなたができなかったのに、子犬にそれを望むのは理不尽という
もの。
教科書通りにいかなかったからといって落胆しないでくださいね。
寛容さと、粘り強さ、ときには肩の力を抜いて気楽に考えることも大事。
何より一緒に楽しみながら成長していくことです。
振り返ればきっとそんな苦労も懐かしい思い出になりますよ。
わんちゃんの子犬時代はとても短いもの。
今しかないこの時期を、大切にしてくださいね。

バックナンバー
過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!! 過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!!