知る・楽しむわんちゃんとの生活で役立つ わんコマまんが

「日常生活のこんな事ありませんか?」を面白可愛い4コマまんがでご紹介!

春の熱中症? 春の熱中症?

春の熱中症、意外に少なくないのです。

すっかり暖かくなって、お散歩や、庭のお手入れをするのも楽しくなりましたね。
まだ朝晩は少し冷える地域もあると思いますが、
日中に屋外で作業をしていると、日差しが暑いくらいです。
実はもうわんちゃんの熱中症への注意が必要なのですよ。
え?それは夏の対策でしょ、と思いがちですね。
ところが、春の熱中症は意外に少なくないのです。
換毛期も完全に終わっておらず、わんちゃんの体が春夏への準備が
できていないことも原因の一つですが、
まだ春だからという、オーナーさんの油断が引き起こしている事故と言えます。
春はお庭やドッグランで自由にさせてあげられる楽しい季節です。でも、わんちゃんがちゃんと休憩できる日陰はありますか?
全面に日の当たる環境だと、わんちゃんはクールダウンができません。
そのままだと体温が上がり続け、危険な状態になります。
日陰があれば自分で涼しい場所に行って、ある程度の調節ができます。
必ず日の当たらない風通しのいい場所を確保しましょう。
それでも一定時間を過ぎたら、わんちゃんの様子を見て室内で
休ませるようにしてくださいね。
さらに、晴れた日中は締め切った室内も温度が高くなります。
外気を取り入れたり、室温に応じてエアコンを使用するなどしましょう。
屋外でも室内でも、常に水分補給ができるようにしておいてくださいね。
すでに車の中に待たせておくには危険な季節です。
夏になれば意識して気をつけるのですが、夏よりも油断しがちな今だからこそ、
要注意です。
締め切った状態の車内温度は、日が当たらなくても思った以上に高くなります。
わんちゃんは与えられた環境の中でしか過ごすことができません。
私たちのように、日差しが暑いからといってカーテンを閉めたり、
蒸し暑い室温の中でも、エアコンのスイッチを押すことができません。
ただ我慢するしかできない、それを想像してみましょう。
楽しい遊びの時間が、かわいそうな事態にならないように
気をつけてあげてくださいね。

バックナンバー
過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!! 過去のわんコマまんがをご紹介!読み忘れた方、まとめ読みしたい方はチェック!!